COINLIST(コインリスト)でKarma(カルマ)を貯めてPriority Queueに並ぼう!




この記事の目的
COINLIST(コインリスト)におけるKarma(カルマ)とは何か、Karmaをどうやって貯めるかについて解説する。

注意点
当記事は投資の勧誘を行う目的ではなく、投資の成果を保証するものではない。また、不正確な情報は随時更新する予定であるが、執筆時点で入手可能な情報をもとに筆者が解釈したものであり、情報の正確性を保証するものではない。

COINLIST(コインリスト)とは?

COINLIST(コインリスト)はICO(IEO)プラットフォームかつ取引所であり、Solana(ソラナ)などの有名銘柄の販売を行った実績がある。

COINLISTの詳細については以下の記事で解説しているので参照してほしい。

COINLIST(コインリスト)銘柄の過去の収益性は、COINLISTのトップページで確認することができる。

Solana、Flow(フロウ)、Filecoin(ファイルコイン)などのリターンを見ていただければわかると思うが、とてつもない利益率である。

また、全体を見ていただければわかるが、ほぼ全ての銘柄がプラスのリターンになっている。

つまり、買えば儲かるという、とんでもない状態であるのだ。

しかし、前回の記事にも記載したとおり、誰でも買えるわけではない。

webサイト上で列に並び、当選した人だけが購入する権利がある。

通常の経路で参加すると当選確率は非常に低いが、Karmaを貯めることで、当選確率を劇的に高めることができるので、以下でKarmaの概要と貯め方について解説する。

Karma(カルマ)とは

Karma(カルマ)とは、簡単に言えば、コインリストに貢献した度合いを測る指標である。

Karmaの数値が一定以上のユーザーに対してはPriority Queueという、一般列と並行して運用される優先列に並ぶことができる案内が通知される。

Priority Queue に並べば、購入が確実に保証されるわけではないが、Twitterの反応を見る限り大抵の場合は購入できているようだ。

なお、Priority Queue自体の仕組みはKarmaが明示される前から存在していた

かつてはユーザーは何故自分がPriority Queueの招待を受けているか確認できなかったが、Karmaの導入を機に可視化されたという変更であり、仕組み自体は変わっていない。

なお、執筆時点では過去3回のセールにおいては1,000Karma以上のユーザーがPriority Queueの招待を受ける対象であったとのことである。

現在の閾値は1,000Karmaであっても、今後のCOINLISTへの参加者の増加やKarma獲得方法の増加により、閾値が引き上げられる可能性があるだろう。また、現在存在する項目についても、現状の条件より難化する可能性もあるので、簡単に達成できる項目は達成しておいた方が良いだろう。

現在はKarmaの特典はPriority Queueのみであるが、 まもなく様々な特典が用意されるとのことである。

なお、以下の筆者の戦績を見てもらえばわかる通り、Karmaが足りないが故に、2021/3/12からフル参加して2021/9/10現在1回も当選していない

HUMANは買えてるじゃないか!と思うかもしれないが、前回の記事のとおり、これは「売れ残り」が出たため購入したものだ。

つまり、Karmaが足りなければ、全然当選しなくて当たり前ということだ。

一方で、Karmaさえ十分であれば大抵は購入できるのであるから、Karmaを集めない理由はない

なお、より正確に理解されたい場合は以下のリンク先にある公式の解説を参照して欲しい。

Karmaを貯める方法

執筆現在で公表されているKarmaの貯め方は以下のとおりである。

CoinList Karma is based on a points system that recognizes and rewards users for value-add activities, including:

・Staking on CoinList
・Trading on CoinList.co, CoinList Pro, CoinList Mobile app, and via OTC Services
・Minting WBTC, TBTC, and EFIL on CoinList
・Consistently participating in CoinList token sales
・Participating in experimental issuer offerings like the NuCypher WorkLock, the Oasis ROSE Garden, or EGL Genesis
・Lending or borrowing on CoinList
・Participating in a validator or miner program on CoinList
・Successfully submitting projects to CoinList hackathons

また、執筆現在筆者は900Karmaである。ステーキングが承認されれば数日内には少なくとも1,100Karmaとなるだろう。

以下に筆者がそれぞれのKarma獲得の条件について執筆時現在可能な限り達成するために実施した行動と、その結果について以下に記載する。

Staker

「CoinListへのステーキング」に該当する項目である。

Auto Staked銘柄であるMINAをステークしたが、特に反応はなかった。ALGO,CELOについても少額をステーキングして、様子を見ることにした。

その後、NU,FLOW,ROSE,CSPR,USTを最低単位数ステークしてみたが、執筆時点で未承認であるため現在のところ結果は不明である。

なお、上記のうちCoinList.coのBuy&Sellで取扱のない銘柄についてはCoinList Proで売買可能であるため、CoinList.coで資金をUSD(米ドル)に変換してCoinList Proに流し込み、購入が完了したらWithdrawをして再度CoinList.coに戻せば良い。

以前に200NUをステーキングした家族アカウントでは★が1つついて200Karma獲得できていたので、おそらく最低単位のステーキングでも★1つを獲得できると見込んでいる。

今回、Auto Staked銘柄を除いたステーキング銘柄全種類荷ついてステーキングを行うことで★が2つ以上つくことを期待している。結果は改めて報告する。

最大600Karmaを獲得可能である。

Trader

「CoinList.co、CoinList Pro、CoinListモバイルアプリ、OTCサービスでの取引」と「CoinListでWBTC、TBTC、EFILを作成」に該当する項目である。

前者については、まず、過去にCoinList.co・CoinList Proで少額取引を行っていたことから既に100Karma分達成されていた。

その後、CoinList.coで1,000USD(米ドル)分のMINAを購入、売却を2回行ったところ、100Karma加算された。

また、iOSモバイルアプリで1,000USD(米ドル)分のMINAを購入、売却を2回行ったところ、100Karma加算された。家族アカウントでは10MINAを4往復したところ加算されたので、金額により必要となる取引回数が異なるのだろう。

後者については、100USDでBTCからWBTCを作成(Mint)し、当該WBTCをRedeemする作業を2回行ったところ、100Karma加算された。

金額・数量に応じた必要施行回数は不明なので、反映されるまで試して欲しい。

上記の作業の結果、★4つまでは獲得できたが、これ以上は解明できなかった。

これらを併せて、最大600Karmaを獲得可能である。★の数は5つなので、最後の1つの★は200Karmaなのだろうか。

Token Champion

「CoinListトークン販売に継続的に参加」に該当する項目である。

少なくとも1年間トークンの販売に一貫して参加することで達成されるとのこと。

筆者がトークンセールに参加し始めたのが2021/3/12であるので未達である。

参加漏れがあった場合に減点となるのか、全てリセットとなるのかは不明なので、漏れなく参加しておいた方が良いだろう。

達成すれば500Karmaを獲得できる。

Experimenter

「NuCypher WorkLock,Oasis ROSE Garden,EGLGenesisなどの実験的な発行者向けサービスに参加する」に該当する項目である。

執筆現在実施されていない。

筆者は過去にEGLGenesisに参加したため達成しており、250Karmaを獲得した。

Lender Borrower

「CoinListでの貸し借り」に該当する項目である。

いつでも参加可能。

Filecoinのステーキングが対応しており、最低単位である5FILの貸し出しにより250Karmaを獲得することができた。

Validator

「CoinListのバリデーターまたはマイナープログラムへの参加」に該当する項目である。

執筆現在実施されていない。達成すれば1,000Karmaを獲得できる。

Developer

「CoinListハッカソンへのプロジェクト提出に成功」に該当する項目である。

執筆現在実施されていない。 達成すれば1,000Karmaを獲得できる。

Priority Queueに必要なKarmaをいかに貯めるか

前述のとおり、Priority Queueに招待されるためには執筆現在のルールでは1,000Karma達成が必要となる。

執筆現在のメニューで可能な限りKarmaを貯めるには、上述のように取引・ステーキングを行い、全てのトークンセールに参加するというスタンスをもって行動するべきである。

なお、現在検証できたKarmaの獲得数量は850Karmaであるので、現在実行中のステーキング検証によりステーキング★2つを達成できない場合は、過去にExperimenter等別の項目を達成していない新規参入者の限界値が1,000を超えないこととなる。

その場合には再度ステーキングで★を増やす方法や、トレードで5つ目の★を達成する方法について模索するが、これが達成されない場合にはトークンセールに継続的に参加することにより得られるKarmaを含めないと1,000Karmaを達成することは難しいかもしれない。

現在開催されていないメニューが開催された際や、その他のメニューが新たに開示された際には積極的に参加すれば、それよりも早く達成可能となるかもしれないので常に注視しておきたいところだ。

また、前述のとおり現在の閾値である1,000Karmaの引き上げの可能性も否定できないので、1,000Karmaで満足することなく積み上げる意識も必要だろう。

さらに、現在のKarma獲得のハードル自体の引き上げの可能性もあるので、上記と同一の行動を行なっても同様にKarmaが蓄積されなくなる虞もあるので、現状のルールベースでのKarmaの蓄積にスピーディに対応しておいた方が良いだろう。

筆者のKarmaの動向については随時更新するので、しばしば確認してほしい。




いいね!って思ったでしょ?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。