MERCURIAL FINANCEのICOに参加しよう!FTXでIEO、RAYDIUMでIDOを実施!




この記事の目的
MERCURIAL FINANCEのICOの特徴、参加方法を理解する。

注意点
当記事は投資の勧誘を行う目的ではなく、投資の成果を保証するものではない。また、不正確な情報は随時更新する予定であるが、執筆時点で入手可能な情報をもとに筆者が解釈したものであり、情報の正確性を保証するものではない。

ICOとは?

FTXに登録する

以下のリンクから登録で通常登録では得られないインセンティブ報酬をGET!
※30USD分の手数料バウチャー・取引手数料5%割引

ICOというのは(Initial Coin Offering:イニシャル・コイン・オファリング)の略称であり、株式か暗号資産かの違いはあれど、IPOとほぼ同じ概念だ。

暗号資産の場合はプロジェクト(暗号資産の発行主体)が発行済みの暗号資産の一部を売り出すか、新たにミント(暗号資産の新規発行)して販売を行うこととなる。

IDOはIDO(Initial DEX Offering:イニシャル・デックス・オファリング)の略称であり、分散型取引所、つまり無人で特定の決まりに従って稼働している取引所においてICOすることを指す。

IEOは(Initial Exchange Offering:イニシャル・エクスチェンジ・オファリング)の略称であり、中央集権取引所、つまりバイナンスやFTXなど有人の暗号資産取引所においてICOをすることを指す。

他にもIFOなど様々なIXOの概念があるが、全てICOの下位の概念であるため、最初はICOの形態の一つなんだな、という程度の理解で良いだろう。

株式のIPOでも、購入するためには抽選に参加する必要があり、当選して上場してすぐに売却すれば大抵の場合は儲かるようになっている。そもそも、儲からないのであれば抽選にならない。

暗号資産のICOの値上がり幅は株式のIPOの比ではないほど高騰するものも散見され、当選確率もそこそこ高いというところに期待が持てる

MERCURIAL FINANCEとは?

Mercurialは、Solanaにおいてユーザーがステーブルコインを簡単に預け入れ、交換し、ミントするための技術ツールを提供する予定で、USDC・USDT・wUSDC・wDAIのボールトから開始し、動的な料金で低スリッページスワップを促進してエコシステムの要素の拡充に応じて機能が追加されて行くとのことである。

今回のICOの対象となるMERトークンは、スワップの手数料、イールドファーミングの手数料、およびmUSDなどの合成資産の担保として保有者の価値を獲得するように設計されており、Mercurialのガバナンスと成長に本質的に関連していて、ガバナンス、保険、およびブートストラップ全体でシステムを規制する上で重要な役割を果たしているとのことである。

プロジェクト名: Mercurial Finance
ティッカー: MER
総供給量:  1,000,000,000
上場時の循環供給:〜55,000,000
プロトコル: SPL(Solana)トークン

FTXのIEOに参加する

以下のFTXの公式サイトの解説を要約する。

なお、FTXそのものについては以下のリンクを参照してほしい。

IEO参加条件
①5月12日の午後9時SGTまでに最低150 FTTをステーキングすること
②少なくともKYCレベル2に承認されていること

IEO実施時期
5月13日の午後9時SGTに開始、5月13日の午後10時SGT終了
※入札時間は1時間

入札可能額
チケットごとに4,000 MERに対して最低400 USD(T)(0.1USD/MER)、最大500 USD(T)と5 FTT(0.125USD/MER+5FTT)
※最高入札額で入札するチケットが1,000枚を超える場合は、それらの間でランダムに割り当て
※合計4,000,000 MERトークン

当選枚数
1,000チケット

FTTというのはFTXの取引所トークンであり、これを最低150単位以上保有することが必要となる。なお、価格情報は以下のリンクから確認することができる。

最低150チケットというのは、1チケット入手するための要件が150FTTであることによる。なお、150FTT刻みでチケットが入手できるのではなく、チケットがもらえる枚数は以下の保有数に応じた枚数となる。

> = 150:1チケット
> = 1,000:2チケット
> = 10,000:3チケット
> = 50,000:4チケット
> = 250,000:5チケット
> = 1,000,000:6チケット

FTXへの登録は以下のリンクから行うことがオススメだ。通常登録では得られない特典を受けることができる。

FTXに登録する

以下のリンクから登録で通常登録では得られないインセンティブ報酬をGET!
※30USD分の手数料バウチャー・取引手数料5%割引

なお、新規サインアップが大量に流入しているため、2021年5月4日午後9時SGTを過ぎてサインアップしたアカウント は、IEOへの参加が保証されないとのことである。執筆時点で当該時点を経過しているが、KYCを通過する可能性もあり、そうでなかったとしても次回のIEOへの参加のための準備となるだろう。

RAYDIUMのIDOに参加する

RAYDIUMのIDOにおいては執筆時点においても時期や参加条件等の詳細な情報は開示されていない2021/5/9に詳細が明らかにされた。

RAYDIUMのAcceleRaytorでのIDOは今回は2回目であるが、前回(初回)のMedia NetworkのIDOにおいては、$RAYのステーキング(20RAY)を条件としたRAY Poolと無条件で参加できるCommunity PoolにおいてそれぞれUSDCのステーク量に応じた配分がなされた。

なお、RAY Poolの参加者は併せてCommunity Poolにも参加することができた。

ただし、応募総数が膨大となり、それぞれのプールの合計最大割り当て量である105MEDIAに対して、実際は2MEDIA未満と非常に少ない割り当てとなった。

2021/5/9更新

2021/5/9にRAYDIUMにおけるIDOの詳細が発表された。日本語訳の参加方法が上記のTweetのリンク先のMediumで解説されていることから、それらの情報にかかる詳細な解説は割愛する。

なお、前回との違いについて特筆すれば、今回はRAYプールのみ(コミュニティプールは無し)であり、RAYのステーキング必要数量は50RAYと500RAYに増量された。

執筆時点におけるRAYの価格は14USD程度であるので、50RAYは8万円程度、500RAYは80万円程度となる。

ステーキング残高に応じて比例配分されることから前回は複数アカウントで大量に申し込みを行った者がより多く配分を受けて多くのキャピタルゲインを得たことから、今回も同様の結果が見込まれる

もしかすると500RAYのプールは金銭的に厳しいと感じる人が多いかもしれないので、案外配分が来る可能性もある。

FTXとRAYDIUMのどちらがオススメか?

RAYDIUMのAcceleRaytorでのIDOにおける応募が前回レベルあるいはそれを超えるレベルであった場合、比例配分で投資可能となる金額はたかが知れている。仮に当たりプロジェクトを引いて上場後に価格が100倍になったところで、投資額が10USDであれば1,000USDにしかならない。

一方、FTXにおけるIEOでは当選すればチケットを入手したところで当選しなければ1円も投資できないことになるが、当選すれば800USD程度の投資が見込めるので、100倍になれば80,000USDと一般的なサラリーマンの年収よりも一時に得られる可能性がある。

結論としては一長一短でどちらがオススメとも言えないので、期待しているのであればどちらもやればよいというところだ。

なお、複数アカウントでステーキングを行うのであれば、なかなかの額のFTTやRAYを保有することになるので、資金的に余裕があるのであればステーキングしているトークンに対してヘッジをかける(同数のトークンについてPERPを売り建てる)ことで価格変動リスクを排除するのも良いかもしれない。

当日の手続

2021/5/14更新

当該IEO終了後の加筆であるが、次回以降のために参加方法を記載しておく。当日の実際の参加方法は以下の通りだ。

まず、IEOの支払いのために、MER-IEOのSubaccountを作成(CREATE)する。

その後、Main Accountから残高を転送(TRANSFER)する。入札が1倍割れしない限りは最高額で入札しなければ配分はあり得ないので、今回であれば500USD(T)及び5FTTを転送しよう。

その後、転送した残高を利用して入札を行う。4,000MERに対して500USD(T)であるから、MER当たりの単価は0.125USD(T)となり、それと別にAdditional FTTを1チケットに対して5FTT入札する。

以下のように表示されれば入札は完了だ。

あとは当選・落選の発表を待つのみだ。

FTXに登録する

以下のリンクから登録で通常登録では得られないインセンティブ報酬をGET!
※30USD分の手数料バウチャー・取引手数料5%割引




いいね!って思ったでしょ?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。