高い能力と、十分な経済力と、少しのウィットを。

このブログについて

山田さん
来てくれてありがとう!

TokyoDarkForest.com

Rotten Beautyへようこそ。

このブログの目的

具体的には下記の情報を提供することを目的としている。

  • 社会的に自己防衛出来るレベルのビジネススキル
  • 生活のレベルが向上する質の高いエンタメ情報
  • 悩み・苦しみに対する具体的なソリューション

毎日少しずつ努力を積み重ねて、誰もがみな世間に潰されることなく、着実に自己実現を重ねることで、思い描いた美しい人生を謳歌することができるようになって欲しい。

それが当ブログの管理人の願いである。

ブログ開設の背景

東京での生活

俺が東京に住み始めて、15年くらい経った。

大学に入学し、上京して、初めて東京に来た時に地下鉄の日本橋駅を歩いていて、なんて東京ってドブ臭いんだって思った。

だが、半年も経ったら全然感じなくなった。

社会と接するようになってから、色んな経験をさせてもらった一方で、沢山の悪意にも出会った。

子供の頃からずっと「社会は厳しい」と聞かされて生きてきたから、社会って厳しいんだな、って思っていた。

単純に自分が至らず叱られるってことはむしろありがたいことだが、わけわかんない理不尽な誹りや排斥を受けたことも何度もあった。

簡単に言うと、よくハメられたり使い捨てられたりしてた。

それを俺は、「世の中をわかってない俺が悪いんだ」って思って、全部純粋に受け入れていた。

実際、当時の俺がどうしようにも、何も知らなかったから、どうすることもできなかったしな。

若かったから沢山傷ついたし、精神的に追い詰められたことも何度もあった。

それでも潰れないで済んだのは、本当に運が良かった。

今、思うこと

当時を振り返って思うのは、当時コレってただの悪意じゃんって思ってたことって、今考えてもやっぱただの悪意だったな、ってこと。

物静かだから下に見られることも多かったのだろうし、妬み嫉みで勝手に怨恨を抱かれたこともあっただろう。

このドブ臭いはずの街の悪臭に鼻が慣れてしまったように、社会は厳しいからこれも仕方がないという思い込みに翻弄され、俺は声を上げなかったんだ。

だが、それでは生きてはいけない。

自分が変わらなければ、いつかは潰される。

悪意と戦う

世間には無数の悪意が渦巻いている。

そういう世間の悪意に潰されてしまった人は、身近に何人もいる。

俺らがこんなクソみたいな世界で生きなければならないのは本当に残念だ。

更に残念なことに、世の中はそんな簡単に変わらないだろう。

だが、世の中は変えられなくても、自分を変えることはできる。

全ての悪意をかわして生きていくことはできないが、最大限かわして、受けてしまったとしても潰れにくくすることはできる。

それは、自分自身が強くなることだ。

ヒツジとオオカミ

自分がヒツジであれば、オオカミが来れば喰われるだけだ。

自分の想いを大切に生きるためには、オオカミになるしかない。

自分がオオカミになった上で、自分はヒツジを喰わなければ良いんだ。

世間に喰われないくらいのスキルを身につけて、他のオオカミに噛みつかれたら噛みつき返す。

そして、自分の身近の大切なヒツジを守ってやる。

それが俺の生きるための手段であり、美学である。

まとめ

このブログの最終的な目的は、今まさに潰されそうになっている奴をオオカミまで引き上げて、自由に生きる道を示すことだ。

スキルや思考法を共有して、俺らで強くなろうぜ。

エンタメをシェアして、俺らで楽しく生きようぜ。

悩みや苦しみをシェアして、俺らで解決しようぜ。

例え今日までクソみたいな人生だったとしても、今から将来は変えられる。

誰だって、他人に左右されることなく、自分の思い描いた人生を謳歌することは可能だ。

そんなに難しいことではない。

走る方向と走り方さえ身につければ、後は努力するだけだ。

自分の人生の主役は自分だぜ。

自分が生まれる日までの世界も、自分が死んだ後の世界も自分は認識できない。

つまり、主観的には自分が生まれた日が世界の始まりで、自分が死ぬ日が世界の終りだ。

無限に続く時間の中で、たった100年もない人生を全力で走り切って輝かせることくらい大したことないだろ?

短い命、美しく生きようぜ。