簿記・会計特化の姉妹サイトはこちら【クリック】

屋外アンテナがない(付けられない)家でテレビを見るためのおすすめの方法




後輩

パイセン!引っ越して気づいたんスけど、屋根にアンテナ付いてないっス!

パイセン

引っ越す前に調べような。

後輩

もう遅いっスよ!ケーブルテレビとか毎月お金かかるしムリっス!助けてください!

よく見たらアンテナがなかった!

動画コンテンツが普及したらテレビは見なくなるなんて言われて久しいが、なんだかんだテレビは今も必要だって人が多い。

俺の場合は会社から帰って家に着いたらとりあえずテレビを付ける。そして寝て、朝起きたらまたテレビを付ける。

テレビはあって当然の、なくてはならない存在だ。

そんなテレビが映らないなんてことは通常想定しないので、何気なく賃貸アパート・マンションに引っ越してみたら、屋根にアンテナが付いてなかった!なんてこともたまにある

ケーブルテレビや光テレビを契約する方法もあるけれど、毎月固定で数千円の追加支出があるのは痛い

固定費を払わずに済む良い方法はないものか?という人におすすめの方法がある。

屋内アンテナを使おう

その方法とは、屋内アンテナを設置することだ。

屋内のアンテナなんかでテレビが映るの?と思うかもしれない。

映るかもしれないし、映らないかもしれない。

適当か!ふざけんな!と思うかもしれないが、家電量販店でも同じことを言われる。映ると思われるエリアでも障害物の状況等により映らなかったりするからだ。

ウチは強電界地域ではないので映るか心配だったが、映った

ちなみに俺が購入した室内アンテナはこちら。

そこそこいい値段だけど、ケーブルテレビや光テレビで月数千円払うことを考えると、もし映った場合は2〜3ヶ月でトントンであり、試しに買ってみてダメだったらメルカリにさよならするのもアリだと思わないだろうか。

映らなかったとしても、試す価値はあると言えよう。

UDF85Bがおすすめである理由

ちなみになぜUDF85Bを買ったかと言うと、

  1. ブースター内蔵で強力
  2. 大きいけどデザインが良いので家になじむ
  3. 壁掛けフックがある

という点であった。

①については、UDF85Bを買う前にAmazonで2,000円くらいの安価な室内アンテナを買ったが、さっぱりダメだった。やっぱり映らないのかなと思っていたが、電波を増幅させるブースターがあると、弱電界地域・中電界地域でも映る可能性が上がるというということであった。前述の通り、強電界地域であっても障害物の状況で映らないことがあるので、ブースター内蔵のものを購入しておいた方が無難だ。

②、③については、大したことのないように思えるかもしれないが、重要だ。まず、邪魔ではあるものの見た目がゴチャゴチャしていないので部屋に馴染む。そして、壁掛けフックがあるので、壁に掛けられる。

壁に掛けるとはどういうこと?と思うかもしれないが、壁に掛けると映りやすいのだ。室内アンテナは当然ながら屋内にあるので、屋外にあるアンテナよりも電波を拾いにくい。ウチはUDF85Bを壁に掛けるとテレビが映るが、壁から少しでも離すと突然映らなくなる

後輩

いやいや、ウチ賃貸なんで壁にフックなんて付けらんないっスよ。

と思うだろう。

コレを支えているのは、

コイツだ。

画鋲を3本刺したのと同等であるので、賃貸でも安心だ!

この商品は「スリーピンフック」というらしいが、なるべく壁を傷つけずにちょっと重いものを引っ掛けるには最高のアイテムだ。

まとめ

俺は前の家に住んでいる時に55型テレビを買ったのだが、引越し先に持って行ったら映らなかった時は本当にどうしようかと思った。せっかく気合を入れてテレビを買ったのに、映らないなんて。

ケーブルテレビや光テレビという手段もあるけれど、無料で見れるハズのテレビに毎月数千円払うのはどうしてもくやしい。

きっとこの記事を見つけた人も同じ気持ちのハズだ。

前述の通り室内アンテナを設置したからといって映るとも限らないが、是非試してみて欲しい。




いいね!って思ったでしょ?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。