高い能力と、十分な経済力と、少しのウィットを。

情報処理技術者試験の高度試験で午前Ⅰのみ受験して免除をもらおう!




高度試験の概要

情報処理技術者試験において、いわゆる高度試験や高度区分と呼ばれる試験は下記の赤枠の試験で、この試験の中においては最も高いレベルに位置する。

https://www.jitec.ipa.go.jp/1_11seido/seido_gaiyo.html

ITストラテジスト試験(ST)、システムアーキテクト試験(SA)、プロジェクトマネージャ試験(PM)、ネットワークスペシャリスト試験(NW)、データベーススペシャリスト試験(DB)、エンベデッドシステムスペシャリスト試験(ES)、ITサービスマネージャ試験(SM)、システム監査技術者試験(AU)、情報処理安全確保支援士試験(SC)と沢山の分野があるが、どれも午前I、午前II、午後I、午後IIという4つの試験についてそれぞれ全てが60%以上の得点率で合格となる(論述式試験はランクAで合格)。

なお、それぞれの試験について出題形式に違いはあるが、実施時間は同じである。

なお、1日で終わる試験ではあるが、午前Iから午後IIまで受けると5時間という長丁場となる。

https://www.jitec.ipa.go.jp/1_13download/youkou_ver4_3.pdf

午前Iが邪魔

情報技術者試験の高度区分は応用情報技術者試験までとは異なり、ジャンル別に試験区分が細分化されている。

例えばデータベーススペシャリスト試験なら、データベース系の知識に特化した試験になる。

ところが、どの区分にも共通して、「午前I」という「オールジャンル」の試験がある

午前Iはちょっとした準備で十分に合格水準に達するものの、特定のジャンルに絞って勉強したいのに関係ない勉強をさせられるのはやはり苦痛である。

免除を得るには?

その面倒な午前Iは下記の方法により免除を受けることができる

下記のいずれかの条件を満たした場合、その後(2年間)の受験申込み時に申請することによって、情報処理技術者試験の高度試験、情報処理安全確保支援士試験の一部(共通的知識を問う午前Ⅰ試験)が免除され、午前Ⅱ試験から受験することが可能です。

①応用情報技術者試験(AP)に合格
②情報処理技術者試験の高度試験、情報処理安全確保支援士試験のいずれかに合格
③情報処理技術者試験の高度試験、情報処理安全確保支援士試験の午前Ⅰ試験で基準点以上の成績をとる

https://www.jitec.ipa.go.jp/1_00topic/koudo_menjo.html

気を付けて欲しいところは、いずれかの条件を満たしても永久的に免除されるわけではなく、免除期間は2年間に限定されていることだ。

俺は数年前に応用情報技術者試験に合格したので①を満たしたのだが、そのうち高度区分でも受けようかと思っているうちに期限切れを起こしていた。

免除があった方が有利

結構な割合の人が免除者なので、一緒に受験している免除者が特定のジャンルの勉強に特化している中で自分がオールジャンルの勉強をさせられるのは不利だ。

また、試験当日の朝も1時間遅くスタートできるので、長期戦が少しでも縮まるのはありがたい

更に、午前I以降の試験を受けている時に午前Iの出来が怪しかったかもなんて思い始めたら精神的に悪影響が出るだろう。

このように、免除があった方が圧倒的に有利だ。

一番手っ取り早く免除をもらうには?

今後、高度試験を受けたいなと思って、最もラクして午前Iの免除を得る方法は何かを考えてみた。

上記要件の②はまずないので、①か③だが、高度試験の午前Iのための勉強はかなり短時間で済むようなので、もう一度応用情報技術者試験に受かるより、

③情報処理技術者試験の高度試験、情報処理安全確保支援士試験の午前Ⅰ試験で基準点以上の成績をとる

https://www.jitec.ipa.go.jp/1_00topic/koudo_menjo.html

コレが最短であることがわかった。

なお、免除を得るまでのプロセスは下記の通りだ。

  1. 適当な高度試験に申し込む
  2. 午前Iのみ試験対策をする
  3. 当日は午前Iを受験してすぐに帰る

当日、他の受験生がその後の試験も受験する中で帰るのはなんとなく切ないが、次回に不利な条件から抜け出して受験を行うためだと割り切って、気にせずにさっさと帰ろう。

免除を取りに行ってみた

2019/10/21実施の秋期試験に行ってきた。

試験対策にはあまり時間が取れなかったが、「5時間」捻出することに決めた。

その理由は、

  • 午前Iの問題は応用情報技術者試験準備の午前試験と同じようなレベル感なので、勉強しなくても大体わかるだろうという想定があった。
  • 試験に申し込んではみたものの、その後試験日に予定が入ってしまった。試験の数日前になって別の予定がキャンセルになったので突然受験できることになった。

というところだ。

参考書

参考書については種類はいくつかあったが、コンパクトで内容もまとまっている下記のものを使用した。

感想

勉強を始めてみたら案外結構忘れていて、5時間の勉強では流石に厳しいと思った。

また、応用情報技術者試験に合格したのが数年前であることと、本業がITではないので仕方ない部分もあるのかもしれないが、やっぱり知識を使わないと相当忘れてしまうんだなと少し寂しく思った。

勉強を始めたのが前日夜で、ジムにも行かなければならなかったのでカフェで2時間勉強して撤収。

当日早起きして頑張ろうと思って早起きするも、ジムで疲れて1時間寝坊し、当日朝を含めて結局4時間の勉強で4章までしか終わらなかった

体感では、10時間くらいあれば万全な状態に仕上がったのではないかと思う(もちろん応用情報技術者試験の受験経験を踏まえての見積り時間)。

「まあ後はかつての記憶でなんとかなるだろう!」と試験会場へ。

当日夜にはIPAから解答が出るので自己採点したところ、高得点という程ではないが、合格しているようだ。

そもそも合格基準が6割なのでそんなにハードルは高くない

受験料5,700円を払って午前Iの免除だけ得るというのは少しもったいない気もするが、多忙で試験勉強の負担を減らしたい人や、コアの部分に集中して試験勉強をしたい人にはオススメの方法だ。

今後いつ、どの高度試験を受けるかはまだ考えていないが、来年の春期、秋期のどちらかは受験できたら良いなと考えている。




いいね!って思ったでしょ?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。