高い能力と、十分な経済力と、少しのウィットを。

公認会計士試験は簡単!1年半で合格する方法




山田さん
会計士って経理の人のことでしょ?
後輩
経理の人のことでもレジの人のことでもないっスね・・・
山田さん
じゃあ、お会計で多めに払ってくれる人のことかな・・・
パイセン
だったら俺はベテラン会計士だな!

合格体験記

まずは俺がどのような前提でどのように合格に至ったかを紹介する。

受験時のステータス
受験時の年齢:20代前半
勉強期間:1.5年ちょい
勉強時間:3,700時間前後
学習方法:予備校通学
前提知識:簿記3級未満の基礎学習

受験の動機は、前職の会社を辞めるため。

前職は証券会社の営業マンだったが、売り物に全く共感できなくてやる気が起きなかった。

このままでは食っていけないので、そこそこ勉強の適性はありそうだし、食うための資格として取ろうと思った。

また、大学では卒論も書かずに遊んでいたので、卒業試験も兼ねてという位置付けにした。

公認会計士試験とは?

どんな試験?

電卓めっちゃ速くなるよ

公認会計士・監査審査会が毎年実施している試験で、まずは短答式試験(一次試験でマークシート式)に合格し、次に論文式試験(二次試験で論文・記述式)に合格することで最終的な合格となる。

いわゆる「会計士試験に受かった」という状態は、この状態を言う。

但し、公認会計士として登録するためには論文式試験合格後に実務経験と実務補習所の修了と修了考査の合格が必要となる。

また、受験資格はないので、誰でも受験可能だ。

どんな人が受けるの?

多いというか、ほとんど早慶MARCH

受験層の中心はいわゆるMARCH(明治大学・青山学院大学・立教大学・中央大学・法政大学)と早慶上智(早稲田大学・慶應大学・上智大学)の学生や卒業生だ。

受験資格はないので、高卒・専門卒もいるし、MARCH未満の大卒もいるし、一方で東大卒もいる。

だが、あんまり勉強が苦手だと全然受からないし、逆に凄く勉強が出来る人達は受けないというなんとも言えない位置付けなので中間層的な早慶MARCH卒が妙に多い

合格率

母集団のレベルが高いから見た目よりキツいけどな

概ね10%程度である。

が、過去の推移を見ると結構酷い動き方をしている。

大手資格予備校のサイトのここ数年の合格率を見ると、合格率は安定的に見えるが、もう少し遡って見てみよう。


論文式試験の合格者は、
2014年度は、1,076人。合格率は10.0%。
2013年度は、1,149人。合格率は8.8%。
2012年度は、1,301人。合格率は7.4%。
2011年度は、1,447人。合格率は6.4%。
2010年度は、1,923人。合格率は7.6%。
2009年度は、1,916人。合格率は9.4%。
2008年度は、3,024人。合格率は15.3%
2007年度は、2,695人。合格率は14.8%
2006年度は、1,372人。合格率は8.4%。

https://ja.m.wikipedia.org/wiki/公認会計士試験

おわかりいただけただろうか。

えっ?何がって?

2008年度は、3,024人。合格率は15.3%
2007年度は、2,695人。合格率は14.8%

という年と、

2011年度は、1,447人。合格率は6.4%

という年があって、3倍近く合格率が違うんだぜ。

流石にこれ酷くない?(笑)

仕事辞めてきちゃった奴とか戦慄だろw

そして、奇しくも俺はその2011年試験に巻き込まれてしまったのであった。

俺は2011年の5月の短答式試験、8月の論文式試験に合格したのだが、5月の短答式試験の合格者は523人、合格率は3.4%という鬼畜っぷり。

マークシートの塗り具合バランス職人である俺は、実力を超えたパフォーマンスを発揮して運良く九死に一生を得たわけだ。

なお、逆に合格者数が大幅増加した2007年・2008年合格の人たちは「大量合格世代」とか、「ゼロナナ・ゼロハチ」呼ばれ、渋い思いをしている。

本当は受かっちゃイケないレベルの人達が大量に有資格者になってしまったワケで、これは業界としても大きな失態だろう。

もちろんその中にも当然上位合格者もいるし、試験のタイミングでは勉強できなかったけどそこから巻き返した人もいて、今の監査法人を率いる尊敬できる先輩方になっている。

そもそも、何でここでこんなに合格者を増やしたかというと、JーSOX制度と四半期レビュー制度の導入がこのタイミングで人不足が予想されたためだ。

蓋を開けて見たら確かに適用初年度は結構忙しかったみたいだけど、翌年以降は人余りとなったようだ。

それにより合格率を絞り、更に採用まで絞ってきたのだ。

俺が合格した2011年頃は「就職難民」と呼ばれる「公認会計士試験に合格したけど監査法人に入れない人達」が溢れた

それまでは公認会計士試験の合格と監査法人への就職はセットという定説があったのだが、1,500人くらいの合格者に対して、その半分程度しか監査法人に就職できないという氷河期が突然到来した

公認会計士協会が合格者向けに就職イベントを開いたりしていたが、パチ屋の人事が壇上に上がってホール業務の話をし始めた時は空気が凍った。

俺は社会人経験があったからなのか一度就活を経験していたからかはわからないが、そこでも運良く3大法人は全て内定をもらえたので、中の人と一番雰囲気が合いそうな監査法人を選んだ。

入社が決まってホッとしたのも束の間、衝撃はまだ続いた

監査法人に入社するや否や、センパイ達への肩叩き大会を見せつけられたのだ。

リーマンショックの後でもあったし、採用を絞ってもなお人が多かったのだろう。

要らない人達がどんどんクビになって去って行くのを見せつけられて、資格取っても安定なんてないんだなぁと実感した。

その後は会計士業界は弁護士業界と並んで「取っても食えない」とマスコミの格好の餌食となり、その後は会計士を目指す人も減ってしまった。

そして今、会計士業界は深刻な人材不足に悩んでいる(笑)

もうどうなんってんだよこれ(笑)

若干話が逸れたが、このように会計士業界はしょっちゅう人繰りに失敗していることがよくわかる。

採用の状況は刻々と変わっていくので、常に「今」の状況を注視して受験するかどうかを決定すべきだろう。

もちろん凄いメリットがある

想像以上に専門家って強い

ここまでの話を聞くと、きっとドン引きしていることだろう

しかし、こういう状況であることを差し引いても、

会計士試験に合格するメリットは十分にある

なんだかんだ物凄い時間をかけて専門的な勉強をするので、監査法人に行こうが行かまいが、会計の「専門家」になれる

世の中には経理担当者であっても全然会計がわかってない人は沢山いるので、専門家が必要とされる場面は多い。

会計士になれば、専門家として活躍する場はいくらでもあるのだ。

別に監査法人で昇進できなかろうがクビになろうが、世の中の会社の数以上に会計業務はあるので食いっぱぐれる事はないし、例えば監査法人の非常勤バイトでも時給6,000円〜8,000円とか貰えるので、独立してなかなか軌道に乗らなかったりしても餓死する事はないだろう。

留意点

人間いくつになっても遅くはないわけではない

資格は実務経験とセットで価値を生むものである。つまり、会計士試験に合格しても、監査法人等の会計士資格を使う仕事に就職できなければ意味がないと言うことだ。

例えば、ずっと資格浪人していて30歳過ぎているけど社会人経験がないとか、社会人経験があるけど40歳で合格して業界未経験だとかだと就職は相当厳しいだろう

こんなことは一般企業では当たり前だと思うが、別に資格があるからと言ってもそこは同じなので注意してほしい。

経理経験もないという業界未経験でイチからのスタートなら、せいぜい30歳くらいまでに合格しよう

どうやって勉強するか

現時点で会計を全く知らなくてもOKだが、予備校は必須

テキストは山積み!

予備校のカリキュラムは初心者からスタートする前提で作られているので事前に会計のことは何も知らなくても大丈夫だ。

俺も大学で簿記の単位は取ったことがあるものの、簿記3級すら取らずに卒業したので実質初学者だった。

最初は独学も考えたが、市販のテキストでは絶対に対応できないことが直ぐにわかったので断念した。

予備校はTAC、大原、LEC、クレアール、CPAと色々とあるが、俺は大原にした。

理由は簡単で、家が遠くて電車通学になるけど、通学定期を買えるのは学校法人である大原だけだったからだ。

どこの予備校で学習しても学習内容は殆ど同じなので、俺と同じように通学定期が使えるとか、家から近いとか、自習室が遅くまで開いているとか、そういうポイントで選んで問題ない。

試験内容は簡単

必要なのは集中力と時間

公認会計士試験は、会計理論や会社法・税法等の「理論科目」と、簿記や税金計算等の「計算科目」で構成されている。

「理論科目」は、根底にある理論を理解し、枝葉の細かい規定を覚えて、適正な処理を判断する能力を問うものだ。

「計算科目」は理論に基づいて構成される会計基準等に従って計算を行うものだ。

「計算科目」というと何か難しいものを想像するかもしれないが、計算そのものは単純な四則演算しか使わないし、試験全体として高校レベルの物事の理解があれば十分に対応できる試験だ。

実際に高校生合格者もいるしな。

片手間でやると損するだけ

ダラダラやると、一生合格できない

会社で働きながら合格している人も中にはいるようだが、常人にはまず無理だ。

仕事やバイトは辞めて、勉強に専念することを強く勧める。

何故なら、会計士試験は「忘却との戦い」だからだ。

前述の通り、この試験は内容としては何てことないのだが、とにかく学習ボリュームがヤバい

会計士試験は税理士試験のような丸暗記は殆ど無いので、丸暗記が苦手な俺的にはそこは良かったのだが、それにしても覚えきれない。

予備校の自習室に初めて行った時、みんなテキストを山のように積んでいて、「なんだこの勉強してますアピールはw」とか「こいつらセンスねーなー」と思ったが、間も無くそれが当たり前なんだと気づいた。

複数ある科目を皿回しの如く同時並行で進めていかなくてはならないからだ。

短答で問われないからと言って論文科目の勉強が疎かなら、短答に合格しても次の論文で合格できない。

これで、「仕事で繁忙期だから今は勉強ができない!」なんてやっていたら、あっという間に知識はズルズル抜けていってしまう

そしてまた忘却した知識を元に戻すのに大量の時間を使うので、超非効率的だ。

また、試験制度自体によってスタート地点に戻されるリスクがある。

会計士試験は例え短答式に合格しても、3年以内に論文式に合格しないと再度短答式試験からチャレンジすることになる。

つまり、短答式合格がパーになるってことだ。

一般的にはここで撤退を決意する人が多いが、それでも続ける超人もいる。

予備校には「ヌシ」とか「ベテ(ベテラン)」と呼ばれる人達がおり、中途半端に試験を目指していつまでも短答合格しなかったり、三振して降り出しから勉強しており、10年選手もいる

ペーパー試験なんて限定的な範囲の形式的な学習なので、よっぽどの変人では無い限り通常1〜2年で飽きる

片手間でやっていると、もう辞めたいけど何年も勉強してしまったし何百万円も使ってしまったから辞めるに辞められないという地獄のような状態になるので、集中して時間が取れそうも無いなら目指さない方が良いだろう。

論文式試験まで毎日休まず勉強することが大切

振り返ればあっという間だし

せっかくやった勉強をパーにしないためには、とにかく「毎日」休まず勉強することが大切だ。

1日8時間くらいは勉強だけに集中出来る環境を作るべきだ。

出来れば10時間〜12時間くらい確保できると良い。

これを論文式の試験日まで休まずに続ける。

合格に必要な時間はTACによれば概ね2,000時間から5,000時間だそうだ。

一発合格者の平均時間は3,664時間とのことで、まさに俺の勉強時間はドンピシャだった。

注意して欲しいのは、これは合格者の平均であって、この裏側にはこれよりよっぽど時間をかけても合格できない不合格者のほうが沢山いるということだ。

予備校には何万時間やっても合格できないベテもいる。

とにかく、間を空けることなく毎日8時間〜12時間くらい勉強し続けること。

公認会計士試験はこれさえできれば合格できる。

合格とその後

超シンプルな合格証!

資格の使い道

今はもう公認会計士としての業務は行っていないが、この資格でかなり稼がせてもらった。

新卒カードを無駄にしてしまったマイナスを埋めるほどでは無いだろうが、俺にとってはかなり割りの良い「敗者復活戦」だった。

資格の価値なんて昔ほど無いだろうけど、前述のように、この資格があるだけでかなりの幅を持った転職ができるし、バイトでも時給1万円近く貰えたりするので、公認会計士試験に合格すれば安泰とまでは言えないものの、このご時世においても「食いっぱぐれない」可能性は高いだろう。

山田さん
なんか合格出来そうな気がしてきた!
後輩
ウチの会社業績悪いし、リアルに資格もアリかもしんないスね・・・
山田さん
お金貯めとかないと・・・




いいね!って思ったでしょ?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。