高い能力と、十分な経済力と、少しのウィットを。

企画モノなのにめっちゃ格好イイ作品をドロップしたラッパー




ノリアキ

ウケる技術でおなじみの水野敬也が掘り起こした期待の新人だったノリアキ。

2006年にリリースされたタイトルは「unstoppable」だ。

これは2002年にキングギドラがリリースした同タイトルのパロディを意識してのものと考えらえる。

この狙いすぎたビジュアルが最初は受け付けないかもしれないが、ノリアキのラップは無茶苦茶心に残る。

unstoppable / ノリアキ

ネタとして終わるにはもったいない曲だが、最近は彼の活躍を耳にすることはない。

筑波大学在学中の活動だったとのことで、きっとエリートサラリーマンとして活躍しているであろう。

中川剛(中川家)

ラップやる芸人は最近ではとろサーモン久保田が最もアツいところかもしれない。

オードリー若林やあばれる君もちょいちょいラップしているのを見るよな。

そんな中で俺が一番印象に残っているのは中川家の剛だな。

TBS系列のTV番組「リンカーン」で中川家剛にD.O(練マザファッカー)がラップを教える企画があった。

ここで剛の書いたリリックが結構いい感じに心に響く。

Snoop Doggの様な髪型で、「◯◯だメーン」という独特の喋り方で一躍有名ラッパーとなったD.Oだったが、この後コカイン所持で逮捕されている。

これによってお蔵入りとなった剛参加の楽曲がクソ格好良い。

PLAY DA GAME / D.O feat.練マザファッカー

いかがだろうか。

剛のパートが一番格好良くね?

D.Oは2018年にも再度逮捕されているとのことで残念でならない。UZIも捕まったし、残念でならないぜメーン。うぇいよー!




いいね!って思ったでしょ?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。